high school student


人は生きているのではなく生かされている
by t-matsuura0904pc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 卒業・旅立ち

昨日は僕が通っていた中学校で卒業式が行われました。今年は卒業生として。式場の準備などがなかったので楽だったぁ(笑) 卒業式の前日に中学校生活3年間振り返ってみました。いろいろなことがあった3年間だったなぁ~と思いました。 1年生のころは股間節を痛め3ヶ月間ぐらいテニスができなくなったときもあったし、2・3年生のときは鎖骨を骨折したり部長を務めたりしていました。いろいろなことがあったけど、いつも人の助けがあり乗り切れたりやり遂げれたんだなぁー自分1人の力ではここまでこれなかった。自分は人に支えられているんだと思いました。
当日は、学校に登校すると後輩や先生からの祝福の声がありうれしかったです(^^)教室に行くともう泣いている人がいてビックリ!!はやすぎるだろ(笑)式が始まり入場。CATVのカメラマンがいたのでもちろんカメラ目線になってしまいんました(笑) 卒業証書をもらったときには、うれしさもあったけどこれで義務教育が終わり自分の判断で行動しなくてはいけないと思うと不安・怖さがでてきました。大人ってすげぇ~なぁと思いました。不安をあげればきりがないけどやらないとはじまらないんだよね・・・がんばろ! 校長先生の話で心に残った言葉があります。「どこに行くかじゃなくてそこでなにをしたかだ。」あたえられたことを最大限に活かして自分のものにすることが大事なんですよね。 式歌のときにはこれでみんなと歌うのは最後だと思うとうるっときてしまいました。みんなとは小学校から同じメンバーで学年全体で56人しかいないので全員が友達みたいなもんです。最後はしっかり歌おうと思いこの僕がまぁまぁ大きい声で歌いました。僕はなかなかの音痴で個人練習までさせられても音がわからなず今までは口パクが多かったけど、周りから泣き声が聞こえたので音痴がばれないだろうと思い歌いました(笑) 1時間あまりの式も終わり最後のホームルームでは最後の先生の話。担任の先生はおもしろい先生で最後の最後まで笑わせてくれれました。先生にはドッキリで、みんなでお金を出し合い花束と手紙を送りました。長かったようで短かった3年間だったけど、学習の面でも成長したし人としても成長したと思います。先生や一緒に過ごしてきた仲間と別れるの悲しいけど、出会いがあれば別れもあります。この出会いに感謝です。
f0061640_11414451.jpg
 
[PR]

by t-matsuura0904pc | 2006-03-16 11:49
<< 春休み最後の日                ... >>